Spine講座#1 『描いたイラストをSpineに持っていこう!』

投稿者: 


皆様初めまして、私テクノアート所属のイラストレーターでもちすきと申します。

柴犬と毛布をこよなく愛するもふもふマニアです。

 

こんなもふもふマニアが今回から3回に分けて

Spineを使用して、自分で描いたキャラクターを動かしてみたいと思います。

 

Spineってなーに?

まず、簡単にSpineに関して説明を。

Spine

http://ja.esotericsoftware.com/
Spineは特に2Dアニメーションゲームに焦点を合わせたアニメーションツールです。
アニメーション制作とアニメーションのゲームでの利用を目指し、効率的で合理的なワークフローを提供します。
(上記サイトより引用)

簡単に言うと『2Dゲーム制作に向ているアニメーションのソフト』です。

 

実際にSpineでちょっと作ってみました。

イラスト制作の時間込みで2時間強でさくっと作れます!

今回はgif形式ですが、他にも多種多様な形式で書きだすことができます、便利!!

 

なんとなくかもですが、Spineがどういうものかご理解いただけたかと思います。

今回の記事では『自分で生み出したキャラクターを動かしたい!』ので、

この記事のために…

 

 

それらしい女の子キャラとして、温水いんこさん(仮名)描いてみました。

(ファイル名がSPA_incoなのでこの名前にしました)

 

大まかな流れと必要なツールはこんな感じです。

大まかな流れ

①パーツで分割

 Photoshopでキャラを分割して、キレイなデータを用意します!

②Spine用にデータを書きだす

 Photoshopのスクリプトを使用してSpine用のデータを用意します!

③Spineでデータを読み込んでみる

 ②で用意したデータをSpineに取り込んでみます!

 

今回使用するツール

・Adobe Photoshop 2020

・Spine 3.8.98 Professional

というわけで、さっそくやっていきたいと思います!

 

 

①パーツで分割

とりあえずパーツごとに分解します。

「なんかゆらゆら動かしたいなー」と思ったので、一通り全身分解します。

分割の作業自体はそれほど特別なものではないので、詳細は割愛します。

 

こんな感じ。

さながらパズルセットですね。

この時、レイヤーのゴミとりなども併せて行います。

 

分解した温水さんのレイヤーに名前を付けていきます。

・同じレイヤー名が無いか

・そのレイヤーが何か分かるか

の2点は守りつつレイヤー名を付けます。

これが後々重要になってきますので、必ず守りましょう!

 

キャラの動きの原点を決めます。

Spine上でも原点を決められますが…

私としてはPhotoshop上で先にある程度決めておく方が楽だと思ってます。

 

温水さんは浮いているので、腰の中心あたり原点にしようかなー。

とりあえず目安の位置に設定したガイドを用意しておいて…

 

定規を表示させた状態で、キャンバスの左上の定規のXとYが交差しているところから

先ほど決めた原点の位置までクリック&ドラッグ。

 

こんな風に原点にしたい位置を(0,0)にできます。

 

ここまでの過程で

・キャラクターが分解されている

・ゴミはない

・レイヤー名問題なし

の、三拍子揃ったpsdデータができると思います。

 

 

②Spine用にデータを書きだす

ここではPhotoshop用のプラグインを使っていこうと思います。

 

まず、プラグインを使うための準備をします。

PCにSpineがインストールされていれば、プラグイン自体は既にPCの中にあります。

 

ハイいました、コレです。データのあるのは↓の場所です。

C:\Program Files (x86)\Spine\scripts\photoshop

※大体の場合上記の場所にあります。

 みつからない場合SpineがインストールされているPCで『PhotoshopToSpine.jsx』を検索してみてください。

 

ここにあるデータの『logo.png』と『PhotoshopToSpine.jsx』をコピーして

 

↓の場所にペーストします。

C:\Program Files\Adobe\使用しているPhotoshop\Plug-ins

※大体の場合上記かと思います。

 書きだしに使用するPhotoshopのバージョンを間違えないようにしましょう。

これでプラグインを使う準備が整いました。

 

スクリプトを起動してみましょう!

さきほど分解した温水さんのpsdデータをPhotoshopで開きます。

『ファイル>スクリプト>参照(B)…』を選択します。

 

すると、どこにあるどのプラグインを使用するか聞かれるので、

さきほどPhotoshopにコピーされた『PhotoshopToSpine.jsx』を指定します。

 

すると…

 

こんなのが表示されます。

英語なので、日本語翻訳のフリガナをつけると

 

こうなります。

必要なものを選んでチェックボックスにチェック。

だいたいデフォルトのままで大丈夫です!

.jsonファイルは書き出した画像をSpine上でどこに配置するかのメモになります。

 

そして、『OK』クリックしてプラグイン起動!

しばらく処理が走った後…

終了!

 

先ほどプラグイン上で指定したフォルダに

『imageフォルダ』と『psdのファイル名.json』という前までなかったデータが!

温水さんのファイル名が『SPA_inco.psd』だったのでこんな感じに。

 

imageフォルダの中には、先ほど分解した温水いんこパズルキットのピースがすべてpngで入っています。<

 

このpngファイルの名前はレイヤー名を使用してます。

実は先ほどパーツわけの段階で『同じレイヤー名が無いか』が重要になる理由はココです。

psdファイル内のレイヤー名が同じだと、エラーが起きて処理が止まってしまいます。

 

ここまでの過程で

・分解されたキャラのpngデータ

・データの.jsonファイル

の2種のデータが用意できたかと思います。

これでPhotoshopによる下準備は完了です。

 

 

③Spineでデータを読み込んでみる

ようやくSpineの出番です。

Spineを起動しましょう

 

けっこうこの画面を見てても楽しいです!

たまにヒントのところずっと読んでしまったりします。

さて、ここで『新規プロジェクト』を選びます。

すると…

 

なにもないまっさらな画面に。

ここで左上の『Spineのロゴ』をクリック。

 

『データインポート』を選んでクリック。

 

こんな感じの画面が出ます。

ここで『フォルダアイコン』をクリック。

 

さきほど書きだした.jsonファイルのある場所を指定して、

.jsonファイルを選びます。

 

はい、ichigoだったのがちゃんとSPA_incoになってますね。

これを確認したら『インポート』をクリック!

 

温水さんウェルカーム!

Spineに温水さんを呼び出すことができました!

ちなみに、先に原点の設定をPhotoshopでしていないと

 

こんな感じになります。

初期設定のボーンと離れてますね…

私の好みの問題ですが、近くに欲しいので座標指定をPhotoshopでしております。

 

めでたくSpineにお引越しできた温水さん。

ここから彼女を動かすための作業に入ります!

…とはいえ、かなり長くなったので今回の記事はここまで!

 

まとめ

・プラグインで必要なデータを一通り用意でき、すぐにSpineへ読み込める!

・そのためのpsdデータの下準備は大事な作業

 

いかがでしたでしょうか?

今回は自分で生み出したキャラを動かすための準備でした。

 

次回は

Spine講座#2 『Spineでのセットアップ!良いアニメーションのための下準備!』

を予定しております!

 

ここまでで何かご意見ご感想、ご質問等ございましたらお気軽にコメントよろしくお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください