祝!アニメ化!ソラとウミのアイダ をプレイしてみた〜第2回〜

投稿者: 


 

 

こんにちは!紅ぽてとです!

アイダが空いてしまいましたが、今回も「ソラとウミのアイダ」をプレイして行きます!

第一回目はこちらから

祝!アニメ化!ソラとウミのアイダ をプレイしてみた〜第1回〜

 

 

やじキチ

「ランク1(ぼそっ)…紅ぽてとさん」

ツネ

「宿題をやってないじゃないですか!」

やじキチ

「守護神強化とかしといてくださいよ~!」

紅ぽてと

「その守護神強化をどうやるのか、提示されなかったので…」

 

開始早々火力の一抹の不安を感じるキチとツネ…。

 

 

 

 

今回はイベント「襲撃!イケスのヤド御殿!!」を進めていきます。

ヤドカリってどうやって食べるんでしょうか。

 

 

ツネ

「あれ…?そもそもAPが足りないんじゃないんじゃ…」

やじキチ

「盲点でしたね…」

 

さっそく不安が現実のものになってしまいました。

しかし、ランクが上がれば、できると言うことでノーマルイケスで鍛えます。

 

 

やじキチ

「イカリマークが赤色の時は、敵に当たっても貫通するので横に向けて当てるのが良いです!」

紅ぽてと

「さすが効率厨のやじキチ!」

 

 

やじキチ

「緑は敵に当たると跳ね返ります!」

 

 

ボスの大王マグロがでました。

これは前回と違って食えそうですね!

 

 

 

ツネ

「この丸いのは弱点ですか?」

やじキチ

「これは弱点ではなくて、部位破壊ができる場所です!部位を破壊するだけでなく、相手の攻撃回数も減らせます」

 

紅ぽてと

「部位破壊しようよ!」

やじキチ

「有効魚類がマグロの場合は、左上の丸にマグロって書かれている守護神だと

部位破壊が出来ます」

 

ツネ

「今回はいないですね…」

 

 

 

やじキチ

「今3キャラともブンができる状態なのでタッチしてみてください!回すマークが出たら数字が止まるまで回し続けて、離したら攻撃が発動します」

 

 

ツネ

「わー!」

紅ぽてと

「うおお! これ、結構、手疲れる!」

 

 

これでサブミッションもクリアしました。

やっとAPも上がったので、イベントに挑戦して行きます!

 

 

 

ノーマルステージとは、全くステージが違いますね

 

ツネ

「真ん中のやつってなんですが?」

やじキチ

「守護神がそれに当たると守護神の速度が上がります。

つまり攻撃を当てられる回数が増えまるので、真っ先に当てた方がいいです!」

しかしゲージがあるので一定を越えると壊れてしまいます

 

 

ツネ

「端っこの四角はなんですか?」

やじキチ

「守護神の障害物です」

紅ぽてと

「上にある爆弾みたいのは」

やじキチ

「これは当てない方がいいです。守護神が当たるとダメージを食らいます。」

 

 

レア宇宙魚が出ました!

 

やじキチ

「これは絶対に倒したほうがいいです!」

5ターン以内と言う制限があります。

惜しみなくブンを使いましょう!

 

 

やじキチ

「叩いて!」

紅ぽてと

「????」

 

 

すぐに叩くと、ワンチャンがあってもう一回ブンができるそうです。

やじキチのフォローが遅くて失敗してしまいましたが

助っ人のおかげで倒すことができました!

 

 

ボス登場

ボスさえ倒してしまえば、周りの敵を倒さなくてもステージクリア出来ます。

スロウニンアジ、アブラボウズがいます。

 

 

やじキチ

「美味しそうですね」

 

 

神通力が使えるようになりました。

スワイプで発動します

 

アニメーションつき!かっこいい!

 

神通力の状態異常で気絶しました。

紫のゲージが無くなると部位破壊が出来ます。

 

 

 

今回は助っ人が強すぎて部位破壊は出来ませんでした。

このようにあまり強くなくても助っ人さえ入れれば十分に楽しめますよ!

 

とは言っても、このままで進めるわけにも行かないので、次回はランク20まで強化をしてから挑みたいと思います。

 

それではまた次回!

アデュー!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
紅ぽてと

紅ぽてと

日々、煉獄式戦闘シミュレータを開発している暗黒大公。 束の間の安息の際にも天界の戦闘シュミレータを分析するなど、競合分析に余念がない。 その様子はまだ人とその他の者が分かたれていなかった時代の召喚獣の様だと言われている。 特技はドラゴン狩り。自らを雷神と名乗り、大罪の炎を使う。紫煙が切れると右手が疼く。

コメントを残す

*