【クリエイティブ系女子のための】甘やかし美容塾1〜即効効果!乾燥肌が一瞬で蘇る「マル秘テク」【再掲載】

投稿者: 


 

 

 

この記事は2018年2月の記事の再掲載です。 

 

 

 


 

 

 

(フォトbyぱくたそ)

 

 

創作を仕事にするクリエイティブ系女子は、日々目一杯頑張っている……!

 

日々締め切りや納期に追われ、生活は不規則になりがちだけど

趣味やプライベートだって手を抜かず、好きなことへの情熱で明るく生きています。

 

仕事も頑張りたいし、好きなことにもちゃんとエネルギーを注ぎたい。

今週大変だったから、朝あと1分長く寝てたい。

自分へのご褒美に、心の喜ぶことに時間もお金も使いたい。

だけど、ちゃんと綺麗でいたい。

 

その願い、叶えましょう!

お肌の調子がよくなると、鏡を見るのが楽しくなります。

ちょっとだけ、自分のことを好きになります。

 

日々頑張るクリエイティブ系女子たちが、短時間・低コストで綺麗なお肌を手に入れられて、自分をもっと好きになれるよう。

最新の美容論文から歴史ある伝統の美容法、古今東西あらゆる情報の中から、厳選した美容法を毎週お伝えしていけたらいいなと思います。

 

 

さて、今回のお題はこちら。

即効効果!乾燥肌が一瞬で蘇る「マル秘テク」

 (フォトbyぱくたそ)

 

この時期は、外の冷たい空っ風やオフィスの空調で、肌が極限まで乾燥。

キメが荒れ、シワや皮むけが毎日の悩みの種です。

 

バリア機能の低下によってフェイスラインにニキビが大量発生なんてことも……。

乾燥ニキビは、通常のニキビケアでは治らない、なかなか厄介な存在です。

 

私も昨年は、環境の変化やホルモンバランスの乱れで、酷い乾燥に悩まされました。

フェイスラインの乾燥ニキビがいつまでたっても治らず、挙げ句の果てには全身にアトピーが大量発生したり……(遠い目)。

 

そんな私が、何を試しても乾燥が治らなかった時にたどり着き、とても効果のあったケアをご紹介します!

 

ポイントはたった2つ。

(1)洗顔方法を見直す

(2)自分に合ったお手製美容オイルのススメ

 

すぐにでも実践できる簡単、低コストのケアなので、試してみてください!

 

 

その1 洗顔方法を見直す

 

ファンデーションが乗らないのは、肌の表面にある角質が硬く厚くなってゴワゴワになっているから。

見直すべきは、まず洗顔。

古くなった角質をしっかりと取り除き、化粧品の栄養分をちゃんと吸収できる肌の土台を作りましょう!

 

1 朝晩のクレンジング

乾燥してるのに、余計な刺激になるのでは?と思われるかもしれません。

しかし、肌を滑らかにするためにも、後に入れる化粧品の効能を最大限感じるためにも、まずは硬く古くなってしまった角質を落とすことが重要。

 

オススメなのは、弱酸性のミルクやクリームタイプのクレンジング剤、あるいは低刺激のクレンジングオイルを使用すること。

グレープシードオイルなどの粘性の低い食用オイルを使ってしまうのも一つです。

食用オイルなら、月数百円で済んでしまうのも利点です。

 

これらを500円玉大にとって顔に乗せ、肌が柔らかくなるまで、優しくさするように顔全体をマッサージします。

こすってしまうと余計に肌を痛めてしまうので、こすらないことが最大のポイントです。

 

1〜5分程度スルスルとクレンジング剤をなじませるようにさすっていくと、肌に柔らかさが戻ってきますよ!

 

 

2 洗い流しはできるだけ短時間に

石鹸やウォッシングフォームを使って、クレンジング剤を洗い流します。

 

ここで重要なのは、やはりこすり過ぎないこと。

できるだけ短時間に洗い流すようにしましょう。

 

AHAなど天然のピーリング剤が入ったものを使うと、シミも薄くなります。

多分、ここまでのステップで、肌が変わることを実感する人も多いはず!

夜、お風呂で行う際は、この後に湯船に浸かりながら、パックをするとさらに効果があります。

吸収率が上がっているので、プチプラパックでも劇的な効果あり◎

 

 

その2 お手製美容オイルのススメ

 

乾燥しやすい人の肌の特徴として、肌の水分保持力が低い、という特徴があります。

良質なオイルでのケアは、乾燥やシワが気にならなくなり、乾燥ニキビにも効果あり。

 

市販の美容オイルも高い効果を感じたのですが、一番効果が高かったのは食用のオリーブオイルとグレープシードオイルに、オーガニックの精油を一滴垂らして使用するものでした。

 

作り方もとっても簡単なので、ぜひ試してみてください!

 

 

1 乾燥へのオススメ精油3選

 

まずは、美容オイルに加える精油の種類をご紹介します。

以下の中から好きなものをチョイスして使ってみてください。

 

1 ワイルドキャロット

乾燥によって硬くなった肌を一瞬で柔らかく立て直してくれると同時に、高い細胞再生効果によって肌の弾力を根本から作り直してくれる強者です。

美白効果も高く、シミやシワが気になる場合は、間違いなくオススメしたい一本。

ただし、独特の甘い香りが苦手という人もいる精油なので注意。

匂いが気にならなければ最強だと思います。

 

2 フランキンセンス

アンチエイジングに高い効果を持つとして、今話題の精油です。

オーガニックを歌う様々な化粧品メーカーの商品に使用されていることでも、その効果は折紙付。

独特の粘性があり、硬くなっていた肌がモチっと柔らかさを取り戻す一瞬の驚きをぜひ体感してみてください。

抗菌・抗真菌作用もあるため、乾燥ニキビにもオススメです。

 

3ブラックスプルース

こちらは、アレルギーによる炎症を抑える効果のある精油です。

アトピーによる乾燥が気になる場合、1滴加えて使用してみてください。

私が全身にアトピーが出て何をしても治らなかった時、この精油とワイルドキャロットを加えたオイルを塗ったところ、一晩で劇的に回復しました。

これからの季節、花粉症対策にも効果を見込めます。

アカマツ・ヨーロッパという精油でも代用可能です。

 

 

2 お手製美容オイルの作り方

 

1 材料

・精油(好きなもの1、2種類)

・食用オリーブオイル

・食用グレープシードオイル

・20mlの空き瓶もしくはプラスチックの化粧品容器(100均のものでOK)

 

オイルはプラスチックを溶かす性質があるので、プラスチックの容器を使用する場合は2週間程度で使い切り、次に作る時は新しい容器を使用しましょう。

 

2 作り方

(1)容器に、オリーブオイルとグレープシードオイルを1対1の分量で入れる。

(2)精油を1、2滴加える

(3)蓋をしてシェイクで出来上がり!

 

3 朝晩のケアへの取り入れ方

1 化粧水で肌を整える

化粧水は、肌を整えるためのものと捉え、あまり大量には使いません。

あまりに水分保持力が低いときは、化粧水に入っているアルコールが蒸発する際に肌の水分を奪ってしまうので、使わないほうが良い場合も。

 

2 オイルを顔に塗布

オイルを2、3滴手のひらに乗せ、そっと顔にのせます。

手のひらを使って、顔全体に染み込ませていくイメージで、あまりこすらずそっと塗ってください。

 

3 乳液を塗る

水分を閉じ込めるように、オイルの上から乳液を。

油分を含む乳液はオイルともなじみがよく、肌がもっちりするのが分かります!

 

 

 

シンプル・基本のケアで冬の乾燥を乗り切ろう

 

私が実践して、劇的に肌状態が改善した乾燥肌対策をご紹介しました。

オイルが肌に合わない場合もあるので、「オイルはちょっと……」という方は、洗顔方法の見直しとプチプラパックだけでも試してみてくださいね。

 

お肌に自信がないと、笑顔にも自信がなくなっちゃいます。

しっかり立て直し、外回りに打ち合わせ、今日も張り切っていきましょう!

 

The following two tabs change content below.

ムスビメ

本と珈琲をこよなく愛する、どこにでもいるサブカル女子です。WEBから紙媒体まで幅広く執筆中。日常の小さな素敵に目がありません。映画、ドラマ、小演劇、文学など、物語のあるところをテリトリーとしています。

コメントを残す