オープンお侍ワールド!Ghost of Tsushimaを堪能したよ

投稿者: 


皆さんこんにちは、絶賛ダイエット中の所長です。梅雨がやっと開けた途端に台風・猛暑と大変な夏になっていますね!

コロナ禍で大変な状況ですが、頑張っていきたいと思います。

 

さて、いよいよ本題!「Ghost of Tsushima ゴースト・オブ・ツシマ」ついに発売されましたね!もうクリアされた方もいるかと思うので、ネタバレ含みで感想をつらつら語っていきたいと思います。

あらすじはこちら。

武士の道から外れ、邪道に落ちた兵「冥人(くろうど)」となれ

文永(十三世紀後半)、モンゴル帝国(大元)は東方世界の征服をもくろみ、立ちふさがるすべての国を蹂躙していた。

東の果て、日本に侵攻すべく編成された元軍の大船団を率いるのは、冷酷にして狡猾な智将、コトゥン・ハーン。ハーンは、侵攻の足掛かりとして対馬に上陸する。

これを防ぐべく集結した対馬の武士団は、初めて見る元軍の兵略によって初戦で壊滅。島はたちまち侵略の炎に包まれる。

だが、かろうじて生き延びた一人の武士がいた。

境井 仁(さかい じん)。

仁は、境井家の最後の生き残りとして、たとえ侍の道に反した戦い方に手を染めることになっても対馬の民を守ろうと決意する。冥府から蘇った者「冥人(くろうど)」として、あらゆる手段を使って故郷を敵の手から取り戻すのだ。

Ghost  of  Tsushima 公式サイトより引用

 

 

時代劇風動画もアップされてます!

かかかかっこいいー!音楽もかっこいいですが、アクションがカッコいい!

お侍といえば、昔おばあちゃんと二人でみた「暴れん坊将軍」のオープニング”浜辺で白馬に乗り駆け抜ける”というイメージが強いんですよね。あとは、屋敷の庭での殺陣シーン。姿勢のいい侍がバッサバッサと斬りまくる…それを真似て小枝で練習していたのはいい思い出です。

その”お侍”がただ一人生き残るというだけでなく、冥府から蘇って侍の道を外れて人助け…!かっこいい!日本語表記だと「冥人(くろうど)」ですが、英語表記だと「Ghost(ゴースト)」なのが、なんかこう、オタク心をくすぐっててかっこいいですね!

 

美麗グラフィック !

とにかくグラフィックが美麗です!フォトモードも充実していて、色調補正・被写界深度も調整できたりエフェクト追加もできたりと…さながらsn●wのようです。この美麗グラフィックのなかで私が気に入った2点を紹介します!

⭐︎動物さんと戯れる!

プレイワールドでは、3つの領域、40の固有のバイオームに分割されているそうです。

そこで生息している動物たちも確認できるだけで鳥(数種類)・鯨・魚・蟹・トンボ・猪・熊・鹿などなど…いっぱいです。

 

ちなみに、狐の巣でキツネを追いかけると稲荷の祠に行けるのですが、そこの像で1匹だったのが2匹になります。

 

⭐︎必要なことは風が教えてくれる!

「粋だな〜!」と思ったのがこの風が目的地の方向へ吹いてくれる「誘い風」というシステム。ミニマップがないのがちょっと辛いですが、この演出はとても好きです。

たまに仁が紅葉とか葉っぱをつかまえて風に流してくれるモーションもあります。

こういうシーンがあるから「ツシマ のプリンス」と言われるのですかね…動物とも戯れますし…

露天風呂でちょこちょこ境井仁の好きな食べものとか、登場人物をどう思っているかが垣間見えます。

 

ちなみに黒澤明監督のリスペクトが製作陣に感じられる仕様「クロサワモード」というのがあります。

クラシックな荒れた映像になり、白黒映画になります。ちょっと見づらいのですぐ戻しました…

 

 

プレイスタイルが選べる!武士として真っ向勝負するか、影に潜んで野盗のように奇襲をかけるか

このゲームでは武士として正面から蒙古に挑むか、冥人として影に潜んで奇襲し毒を使って戦うか、それぞれのプレイスタイルで好きなように戦えるところが面白いです!盾兵、剛兵、槍兵などによって剣の型を変更できるのも楽しめるポイントです。

 

できることならば、その武士or冥人のプレイスタイルでストーリー分岐とかして欲しかったなあ…!

って思いましたがオープンワールドなのでなかなか周回もきついのであえてしていないのかもしれません。

ちなみに、ストーリー分岐はしませんが闇討ちを一度でもするとすぐに天候が崩れ、

雷鳴が轟く曇り空になるんです。

 

わかる人にはわかると思うんですが天候がソウルジェムみたいな役割をしています。

(尺八吹かないと晴れない)

後半プレイレベルがあがって苦労している時、闇討ちスタイルばっかりだったので、

やられた蒙古が積み上がっている目の前で尺八吹いてました。

 

 

いいことしてる感が気持ちいい&ストーリーがとても良い

領土を奪ったコトゥン・ハーンに戦いを挑む一方で、対馬国全土が蒙古に占領され、人々が虐げられ困っているところを戦い救い出します。クエストでなくても普通にマップ上に平民が蒙古に襲われたり脅されたりしているので、そこをズバッと…!

そして、そういう地道な活動のおかげか、人々は「冥人さま!」と慕い尊敬してくれ、助けてくれます。どんどんそんな対馬の民に愛着を持ってしまい「みんなを守るためにも頑張らなくては!」と、どんどん武士の誉れを落としていくという心地よい闇堕ち(という言葉ではすませたくはないですが)にはまっていきます…。武士としてのプライドか、そのプライドや全てを捨ててとことん民を救うか、というところがストーリーの肝です。

対馬を蹂躙した蒙古を倒すことがメインストリームではないところが本当に日本っぽくて大好きです。

このシーンはすごく悔しそうにしている境井仁が印象的でせつないです。

変わったのは彼じゃない…蒙古に襲われたツシマなんだ…

 

なによりも、ストーリーが素晴らしいです。悪いやつを倒して終わり!ではなく、人間の愚かさや哀愁などを感じさせてくれるサブストーリーは必見です。ここらへんはすごく黒澤監督作品「七人の侍」っぽいなと思いました。

 

私の一押しシーンはこちらのラインナップです。ここからはちょっとだけネタバレです!

⭐︎父の選択

これは浮世草というサブクエなのですが、印象深かったものの一つです。蒙古に襲われ兄弟の父親に「兄弟のどちらか殺すか選べば生かしてやる」と言われて真っ先に優秀な兄のほうを選んだものの、蒙古は選ばれなかったほうを生かし…というお話。

蒙古の卑劣さも、父親の非道さもわかる短いながらも感じさせるサブストーリーで私は好きです。

 

⭐︎鑓川の境井仁の冥人覚醒シーン

仁本人もかなり吹っ切れた様子なのが印象深いシーンですね。これまで「武士の誉れが…伯父上がいれば対馬は安泰…」など言ってもじもじしている印象だったので、プレイしていてかなりスッキリしました。

境井様が主人公だ!

 

⭐︎ 高野山砦での○○殺害における境井仁の激昂シーン

これまで誰が怒っても「心を冷静に保たねば」となだめていた彼が、「死をもって償え!」「許さんぞ!」と激昂しているこのシーンは本当に悲しくて怖かったです…。コトゥン・ハーン許すまじ…あと裏切り者の竜三…!竜三は良くも悪くも「生き汚い」キャラで大好きですが、仁が許さなかったので私も許さないです!

許さんぞ竜三!!!!

 

まとめ

超おすすめです!ゲームが苦手な私でもトロフィーコンプリートしました。2周目入ってます。もうこれだけです。操作ボタンもシンプルですし、ストーリーもわかりやすく、

しかもオープンワールドでじっくり楽しめる!

ぜひプレイしてください!

 

 

The following two tabs change content below.
所長

所長

所長です。アートディレクターやその他諸々を担当しています。 経歴:パッケージデザイン・DTPデザインをはじめとした、アプリやPCゲームのUIデザイン、ゲーム系イラスト制作、CG彩色、ロゴ制作などに従事しております。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください