ツネの知ってる世界 第1回〜爬虫類〜

投稿者: 


微バズっております。爬虫類。

 

こんにちは、ツネです。

今回から連載をさせていただくことになりました!

 

タイトルはズバリ『ツネの知ってる世界』です!

 

私ツネの知っていること、ものについてわかりやすくお伝えいたします。

謎の音楽とともに巨漢の女装家の足音が聞こえてきそうですが、関係はございません。でも面白いですよね、あの番組。

 

では早速本題に参りましょう!記念すべき第1回目の世界は『爬虫類』です!

私も大好きで飼育している爬虫類。しかしながら未だにメジャーペットになりきれていないのも事実です。

『爬虫類ってなんだか怖いし、なんとなく飼うの難しそう』

という方も多いのではないでしょうか。

 

確かに爬虫類って温度管理とか餌とか、飼育が難しいイメージがありますし、そもそも得意ではないって人もいると思います。

 

……フフフ。ご安心を。爬虫類の世界は広く、ひとえに爬虫類と言ってもその中には無数の種類がいるわけです。氷山の一角なわけです。

いるんです。安くて飼育が簡単で、さらに誰もが知ってる有名な爬虫類が!

 

 

 

 

それはズバリ!

 

 

 

 

 

 

画像検索結果

 

 

 

カメです!

カメも立派な爬虫類なのです。子供の頃にお祭りなどで見つけて飼ったという人も多いのではないでしょうか。

つまりカメを飼ったことのある人は爬虫類を飼ったことのある人なのです!どうでしょう。ハードルが低くなった気がしませんか?

 

では、あともう一歩踏み出すだけで飼育できるとっておきの爬虫類を2種類紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

まずはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

フトアゴヒゲトカゲです!(うちのこ)

 

自己紹介記事でも軽く触れましたが、私が飼っているのがこのフトアゴヒゲトカゲなのです。

顔や動きが愛くるしく、ちゃんと飼育すれば10年ほど生きます。

さらに飼育も非常に簡単で、餌やり・水換え・フンの掃除くらいですので、忙しい方も飼育できます。

 

 

野菜や果物も食べてくれるので、餌の用意も簡単なのも魅力の一つです。

大人になるとサイズも多少大きくなりますが(40センチ前後)噛むことはほとんどなく、慣れると散歩にもいけます。

 

そんなフトアゴ、できることなら子供の時から長く飼いたいですよね。

しかし、一点だけ飼い主さんが越えるべきハードルがあります。それは『子供のフトアゴは虫を食べる』という点です。

大人のフトアゴは主食が野菜寄りになりますので、虫を全く食べない場合もあるのですが、子供の頃は体を作っていかなくてはならないので、やはりコオロギなどの昆虫を給餌する必要があります。

『それでも大丈夫!』という方。おめでとうございます!楽しいフトアゴライフにようこそ!

『やっぱり虫はダメ……』という方。安心してください。そんなあなたにこちら!

 

 

 

 

関連画像

ヒョウモントカゲモドキです!

 

英語名のレオパードゲッコーから『レオパ』と呼ばれ親しまれてます。

その愛くるしい外見と買いやすさから、爬虫類の中では大人気の種類です。女優の新垣結衣さんや、でんぱ組inc.の古川未鈴さんも飼っていることで有名です。

そんなレオパ、もちろんなつきやすく、きちんと飼育すれば10年以上生きます。

そして何と言っても、餌やりが楽という点です。

レオパ専用の人工餌『レオパゲル』が去年より発売されており、こちらをあげるだけで十分飼育できます。虫が苦手な方も安心です!

 

 

どうでしたか?これを機に爬虫類に興味を持ってくれる人が増えれば幸いです。

もちろん他にも魅力的な爬虫類は沢山います。カメレオンやヘビだって爬虫類です。皆さんに合う爬虫類が見つかりますように……。

可愛くて魅力的な爬虫類がメジャーペットになることを夢見ております!!

 

それではまた、次回の『ツネの知ってる世界』でお会いしましょう!

 

 

 

The following two tabs change content below.

ツネ

プランナー
プロレスとお笑いが果てしなく好き。好きなプロレス技はジャーマンスープレックス。バナナマン設楽さんの永遠の追っかけ。野菜嫌いのフトアゴヒゲトカゲのヨシツネ(3歳)と二人暮らし中。オクパードな毎日ですがトランキーロで頑張っていきます。

コメントを残す

*