正月太り解消!オススメのダイエット法【後編】

投稿者: 


こんにちは、ぱぴぷです!

オススメのダイエット方法記事、後編です!


前編はこちら→正月太り解消!オススメのダイエット法【前編】



今回はなんと!



正月太り解消のためのダイエット方法を、パーソナルトレーナーの金本さんが教えてくださいます!



早速金本さんにバトンタッチ。


よろしくお願いします!


こんにちは!BODYIMAGE在籍のパーソナルトレーナーの金本と申します!

今回は、【正月太りに最適なダイエット方法】をご紹介いたします。


新年を迎え2週間たちました…

年末年始でたくさん食べて飲んでの生活をしていた方が多いのでしょうか?

健康的な身体があってこそ、良い仕事・良い生活が送れます。

2020年健康な身体を作ることを意識してみませんか?


ダイエットを成功させる秘訣は、食事が大切です!

【食事・運動・睡眠】のバランスでもっとも【食事】がポイントになってきます。

今回は様々な明日にでも出来る秘訣をお話ししますね。


最後に、時短で脂肪燃焼が出来る方法もご紹介いたします!


■自分の現状を知ろう!



体重計がある方は、ぜひ体重を測定しましょう。


最後に体重計に乗ったのは、いつ頃でしょうか?

体重の増減で身体の健康状態を知ることが出来るので、

定期的に体重計に乗ることをオススメします。

▷▷ 体重測定とダイエットの考え方 





ー体重測定POINTー

★朝一、裸に近い状態で測定をする

★体重計はフローリングの上で測る

(絨毯などのふわふわした場所では正確な数値が計測出来ません…)

★カレンダー or アプリに数値記録

▷▷カレンダーで体重管理と食事記録 ハミング (iPhone)

▷▷カレンダーで体重管理と食事記録-ハミング (android)




■1日1.5~2ℓの水分摂取量を目指しましょう!


1日の水分摂取量は、どのくらいでしょうか?

(ジュース・コーヒー・アルコールは省く)


水分量が少ない方は、浮腫みがひどくなる原因にもなってきます。

老廃物の排出も出来なくなり悪循環です…


まずは水分量を1日1.5~2ℓの水分摂取していきましょう!


ー水分摂取量POINTー

★こまめに水分を摂取する(1回で大量に飲もうとしない)

★食事の前・後、200㎖ずつ水分を摂取する

★水(お湯)・お茶・無糖炭酸水を飲む

▷▷ダイエットには緑茶がいい!?




■野菜から食べて、脂質の少ないお肉・お魚を食べる



皆さんは、お食事を食べるときの順番を意識したことはございますか?

食べる順番を変えることで太りにくい食事に変えられます。

その方法が、【野菜】から食べること!血糖値の上昇を抑えられます。


もう一つが【脂質】を抑えた食事メニューを選ぶ!

揚げ物や脂身の多いお肉・中華料理など脂をたくさん使う料理は避けましょう。

おすすめのおかずは、脂質の少ないお肉・魚を選びましょう!

(ローストビーフ、蒸し鶏、焼き魚、お刺身等々、素材をいかしたもの)


ー食事摂取POINTー

★野菜から食べる(サラダ・味噌汁等々)

★脂質の多いものを避ける

★脂身の少ないお肉・お魚を食べる

★小麦粉製品を避ける(腸内の悪玉菌が増える原因のひとつ)


▷▷現代人をむしばむ糖質依存症とは!?

▷▷ストレス誘発性過食の危険性

▷▷ダイエット成功には睡眠時間が大事!

▷▷ダイエット成功には腸活が大事!?



■時短で脂肪燃焼効果のあるトレーニング



有酸素運動時間の確保する暇もないよ!

という方にオススメのHIITトレーニングをご紹介します。

有酸素運動より除脂肪効果が6倍も高い と言われているトレーニング方法


詳細はこちらをご覧ください

▷▷時短で脂肪燃焼出来るHIITとは!?


まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが、

ここまでにしておきます!!


BODY IMAGE公式HPでも随時コラムを掲載しております。


最後までご覧いただきありがとうございました。


BODYIMAGE 金本 秀子




金本さん、大変ためになるお話、ありがとうございました!


わかりやすくお話いただいて、しかもどれも無理のない範囲で実践できそうな方法ばかり!

私もこれらのダイエット方法を試してみたくなりました・・・!

ダイエット、頑張ります。


BODY IMAGEさんは恵比寿にある完全担当制のパーソナルジムです。

トレーナーは全員大手パーソナルジムで経験を積んでこられたプロ中のプロの方々!


ちょっとパーソナルジムが気になっている方やどこを選べばいいかわからない方!

無料カウンセリングも実施されていますので、ぜひ1度体験してみてください。



それでは!




コメントを残す

*