新茶の季節!スイーツとの相性も抜群なお茶の飲み比べをしてみた

投稿者: 


もうすぐ新茶の季節がやってきます!不思議なもので、ふだんはコーヒーや紅茶派の人も、「新茶」と聞くと「久しぶりにお茶を淹れようかな」と思ってしまうもの。

 


所長「今日は私が皆さんに、美味しいお茶をふるまいますよ!」

 


やじキチ「な、なんで所長が?」

 


所長「なにかお茶の資格取ろうかな~と思って、こっそり勉強してましたもの」

 


lemmon「いつの間にそんなことを……」

 

メンバーの知らない間に新しいスキルを身に着けていた所長。そんなこんなで、所長プレゼンツ・おいしいお茶の飲み比べが始まりました!

 

お茶にもいろんな味わいあり

今回、所長が用意したのはこの3種類。

 

 

・静岡川根産特上煎茶
・京都産宇治茶
・八女産山すその茶

 


所長「まずは、どのお茶がどんな特徴かかんたんに解説しますね」

 

一つ目の静岡・川根は、霧がよく発生し寒暖の差が激しい茶産地。そのため、甘味が強く濃いお茶の味わいが特徴的です。

 

二つ目の京都産宇治茶は黄金色で、口に含むと少し渋みを感じますが、同時にほんのりとした甘さもあります。後味が爽やかなすっきりした味わいが特徴です。気品漂う香りも感じられます。

 

最後に八女産の煎茶。これはまろやかで甘みが豊か、コクがあり濃厚な旨みを感じられるのが特徴です。 鮮やかな緑色が美しく、爽やかな香りとともに五感で味わえます。

 

だいたいの特徴はわかりましたか?そろそろお湯が沸いたので、実際にお茶を淹れてみます!

 

渋い?甘い?お茶の違いを飲み比べてみた

さっそく「静岡川根産特上煎茶」からいただくメンバーたち。

 


やじキチ「渋みが強く、色が濃いですね。おせんべいと一緒にいただきたい」

 


ほっちー「たしかに渋みが強い!しっかりとした濃い味でした」

 


lemmon「まさにお茶!という感じの味でした。味のバランスも良く、美味しかったです」

 

味が濃い、渋みが強く感じられるという意見が多いようです。

 

 

続いては、渋みはあるが後味はすっきりした味わいの京都産宇治茶。

 


コロ「やさしい甘みもあり、すっきり飲めて一番好きです。おかわりもしちゃいました!」

 


ツネ「苦くて、しかも後から苦味が来る感じがしますね」

 


lemmon「濃かったです。非常に濃い。お茶という概念をギュッとまとめた感じでした。甘いお菓子とは相性良さそうです!」

 

最も意見が分かれる結果となりました。最後に、まろやかで甘みが豊か、濃厚な旨みを感じられる八女産山すその茶です。

 


ツネ「飲みやすいですね。1つ目のお茶に比べて、あまり苦くない気がします」

 


紅ぽてと「口に入った直後は渋い印象でしたが、後味はすっきりしていました」

 


コロ「よく飲んでいたお茶かも!一口目の渋みがクセになります。飲んだ後に口の中に残る味が好きです」

 

苦みは控えめ、飲んだ後の味わいが良いとの声多数。ひとくちにお茶と言っても、こうして比べてみるとさまざまな違いがあることがわかったのでした。

 

値段の違いまで分かるのは難しい?

ちなみに、今回の中で一番お値段が高いのは「静岡川根産特上煎茶」。当てたのはやじキチとツネの2名!名前からして「京都産宇治茶」が高そうですが、そうとも限らないんですね。

 


コロ「お茶は好きなのでどれもおいしかったです。今度から味の違いを感じながら飲んでみたいなと思いました。せっかく急須も持っていますし」

 


紅ぽてと「味の違いは分かっても、値段の違いまでは分からなかった……」

 


lemmon「最初の一杯が静岡川根産特上煎茶だったのですが、飲んだ順番ってやっぱり大事ですね。どれも美味しかったのですが、もし京都産宇治茶から飲んでいたら味の違いはわからなかったと思います!」

 


ほっちー「普段は紅茶派ですが、たまにお茶が飲みたくなります。次からは買うときに好きな味を探してみようと思います!」

 

春には新茶の飲み比べがおすすめ

なお今回用意した3種類のうち、どれが一番好きかを聞いてみると次のような結果に。

 

 

静岡川根産特上煎茶:1(紅ぽてと)
京都産宇治茶:2(ツネ・コロ)
八女産山すその茶:3(lemmon・やじキチ・ほっちー)

 


所長「どれもスーパーやお茶屋さんで買うことができるので、ぜひ探してみてくださいね!」

 

以前ご紹介した桜スイーツとあわせて、春のティータイムを楽しむのも素敵です。新茶のおいしい季節、ゆっくりとお茶を味わってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
さとうむか

さとうむか

WEBライター・編集として奮闘するゆとり世代。気になったもの、おもしろそうなものを記事にしてお届けします。ジャンルはクリエイターさん向けのものから、生活・仕事・雑学などなど広くやっております。

コメントを残す

*