寝不足でもやめられない!ネタバレNGドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』をみんな観ろ!~テクノアート社員の趣味語り~

投稿者: 


さて今回も始まりました、「社員のアツい趣味語り」シリーズ。多趣味なテクノアートの社員が、好きなものをとにかくアピールしまくります。なお、毎回独断と偏見にあふれた内容でお届けしますので、社員よりもくわしい方はどうかお手柔らかに……。

 

<前回の記事はこちらから!>
ジャガーと一緒にするな!ヒョウにホレこんだ男の主張

 

今日、趣味を語ってくれるのは、テクノアートのディレクターとして多忙な日々を送る紅ぽてとさん。シナリオ制作のかたわらドイヒーイラストを生みだす彼には、猛烈にハマっているものがあるのだとか。


「みなさんは『ゲーム・オブ・スローンズ』という海外ドラマを知っていますか?睡眠時間をごっそり削られる、おそろしいドラマなんですよ……」

 

寝不足のはずなのに、目がギラギラしている……そんなにおもしろいんですか?

 

ハマったら最後!バイオレンスだけど目が離せない


「『ゲーム・オブ・スローンズ』の舞台は、中世ヨーロッパ的な架空の世界。玉座(=スローンズ)をめぐって争う人々を描いた大作なんです。まずは予告編を観てみてください」

 


「ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記」予告編1 – YouTube より引用

 

おお……重くて濃~い人間ドラマの感じが、これでもかってほどに伝わってきます。ぽてとさんによれば、現在シーズン6まで観られるのだそう。けっこう長いですし、登場人物も多そうですが、飽きないもんなんでしょうか。

「おもしろさは保証します!!僕はシーズン1から6まで3周しましたし、原作の小説(『氷と炎の歌』)も読みこんでいるぐらいです(笑)。たしかに登場人物は何十人と出てきますが、話に引き込まれるのでちゃんと覚えられますよ」

 

さ、3周!シーズン1から6までが計60時間らしいので、かける3ということは、180時間も……!?しかも原作までしっかり読むなんて、この人どれだけの時間を『ゲーム・オブ・スローンズ』に費やしてきたんでしょうか。


「ドラマだと『ここは視聴者へのサービスだな』とか『これ、あとからムリヤリくっつけたな』とか思う微妙なシーンってあるじゃないですか。でも、『ゲーム・オブ・スローンズ』ではそれが一切ないんですよ。とても緻密で、よく考えられたシナリオにしびれます」


ゲーム・オブ・スローンズ|イントロダクション より引用

 

シナリオのお仕事をしている人のお墨つきとなると、説得力がありますね。

「登場人物たちは7つの勢力に分かれているんですが、とにかく波乱万丈です。裏切られたり、親子だと思っていたらそうじゃなかったり。主人公も定まっていないんですよ。Aさんの話をやっていたと思ったらBさんの話に変わったりして、とにかく目が離せないです」

 

予告編を見ているとバイオレンスな場面も多そうですが、そのへんはいかがですか?


「はい、残虐なシーンはわりと多いですね。1話からスゴイことになっていますが、それもストーリー上欠かせないんですよ。いい人も悪い人もバンバン死ぬんで、ショックなときもありますけど……」

 

お気に入りのキャラが退場しちゃうと、ドラマとはいえけっこう凹みますよね。しかしそれを差し引いても、おもしろさが勝るんだそう。

 

これ以上は言えない…自分の目で確かめて!

ところで、ぽてとさんの好きなキャラはどの人ですか?カッコいい名ゼリフとか、いっぱい出てきそうですよね。


「僕はジョン・スノウというキャラクターが特に好きで応援しているんです」


ゲーム・オブ・スローンズ|ストーリー第一章 より引用

 

この人がジョン・スノウですね。なんだか悲しげな表情のイケメンですが、どんな設定なんでしょう。


「彼はですね、なんと……いや~!ムリ!やっぱ言えない!!どうしてもネタバレなしで観てほしいから、詳しくはお話できないです!」

 

え!それじゃあおもしろさが伝わりにくいですよ。好きなエピソードとか感動シーンとか、ひとつくらい語れないんですか?


「いえ!このドラマでうかつにネタバレすることは絶対に許されません。少しでもネタバレするぐらいなら、いっそ何も話したくないです!これから『ゲーム・オブ・スローンズ』を観る人の楽しみを奪うことは、僕にはできない!!」

 

ええ~、そこを語ってもらおうと思ったのに……。なお、ぽてとさんのような熱狂的ファンの中には、「これから観る人が心底うらやましい」「できるなら記憶を消して最初から観たい」とまで言い切る人もいるとかいないとか。

 


ゲーム・オブ・スローンズ|ストーリー第一章 より引用

 

公式サイトでもこの通り、赤い字で「ネタバレ注意」と表記されるほど。えらく気を遣ってくれてます。それだけ、何も知らずに観たときの驚きや感動が大きいんでしょうね。


「1シーズンにつき10話構成なので、1日1話観ていっても2か月くらい(60話)で終わりますね。そのころには、ちょうど次のシーズン7の放送がはじまる(2017年7月)んですよ!クライマックスのシーズン8にむけて、ストーリーは佳境です。もうこれ、ハマるのにベストなタイミングだと思いませんか?」

 

ぽてとさんはこの調子で、学生時代の先輩や周囲の人をどんどん“『ゲーム・オブ・スローンズ』沼“へ引きずりこんでいるのだそうです。

 

さて、ハマる覚悟はできました?


「所長にもすすめたんですが、シーズン1を1日でぜんぶ観たそうです」


「き、気づいたら10時間が過ぎていたんです……本当におそろしいドラマですよ……」

 

いつの間に所長にまで布教していたんですか!?エミー賞やゴールデングローブ賞など、数々の有名な賞もたくさん獲っている『ゲーム・オブ・スローンズ』。ハマって寝不足になっても、責任は負えませんのであしからず。


「『ゲーム・オブ・スローンズ』は、今のところスターチャンネルHuluで観ることができます。スターチャンネルではシーズン7を日米同時放送するようなので、一刻も早く観たい場合はおすすめ!詳しくは公式サイトを見てみてください」

 

ゲーム・オブ・スローンズ | 公式サイト

 

さて、4回目となる次回はどんな社員が登場するのでしょうか?相変わらず100パーセント趣味の領域ですが、なにとぞお付き合いください!

 

The following two tabs change content below.
さとうむか

さとうむか

WEBライター・編集として奮闘するゆとり世代。気になったもの、おもしろそうなものを記事にしてお届けします。ジャンルはクリエイターさん向けのものから、生活・仕事・雑学などなど広くやっております。

コメントを残す

*