口を自在に動かすパラメータ設定!【アニメ・モーションのつくりかた!】〜Live2D編〜 part34

投稿者: 


どうも!(・∀・)やじキチです。

今回も、イチから学ぶ!【アニメ・モーションのつくりかた!】をお送りします!

前回のpart33では、まぶたのパラメータ設定を行いました。

引き続き、顔のパーツのパラメータ設定を行います。

今回は「口」!

連載ブログのLive2D編!part34です!

Live2D http://www.live2d.com

Live2Dは、イラスト、マンガ、アニメなどの2D画像を、
2D独特の形状や画風を保ったまま立体的に動かせる、Live2D社開発のソフトウェアです。



まずはじめにご説明いたしますが、「口」のパラメータ設定は2つあります。

口を様々な形に変化させる「口 変形」と

口を開けたり閉じたりできる「口 開閉」です。

え、なに?「口 変形」で口を開けたり閉じたりも出来るのでは?だって?

それが…出来ないのです…!

理由は2つのパラメータ設定の後にご説明いたします!!

1:「口 開閉」のパラメータ設定!


まずは設定が簡単な「口 開閉」から行います!

1)「口」のオブジェクト全てを選択

2)パラメータの「口 開閉」をクリック

3)「2点挿入」をクリック

4)最後に「OK」をクリック



開けたくちと、閉じた口を設定します。

「口 開閉」の設定が簡単なのは、上下方向の変化しかないからです!


2:「口 変形」のパラメータ設定!

「口 開閉」は上下方向のみの変化。

いっぽう「口 変形」は拡大縮小が主な変化です!

その分、様々な口の形の変形が可能になります!



1)「口」のオブジェクト全てを選択

2)パラメータの「口 変形」をクリック

3)「3点挿入」をクリック

4)最後に「OK」をクリック


「2点挿入」ではなく「3点挿入」を選んだのは

デフォルトの「笑った口」を真ん中の変化点として残しておきたいからです!



まずは「口上」の設定! …をしていたのですが、上唇がひきつってしまっています;

「口上」と「口下」で分かれているので、完成図が想像しにくいですね…。

上下左右と拡大縮小をしながら、完成図を予想して変形させるのが難しいです…!

下書きをしないで清書をしている感じです!><



ですので、まずは下書き代わりに「口中」から設定をしたいと思います。

「口中」は1つのオブジェクトなので、完成図予想しやすいです!

手順として、まず「口中」を設定した後に

その「口中」の外形に合わせるように、両の唇を沿わせていきたいと思います!



まずは大きく開けた口を設定しました。

これは「拡大」に加え、口の形が丸くなるように、上下左右に引き伸ばしました。



次に小さく開けた口を設定しました。

これは「縮小」に加え、口の形が丸くなるように、上下左右に縮ませました。



そしてこの「口中」の外形に合わせて、両の唇のパラメータ設定を行います!

これで口のパラメータ設定は完了です!

そこで冒頭の疑問。

なぜ口は「口 変形」と「口 開閉」の二つあり、「口 変形」で全て補えないのか?



理由は変化点にあります。

「パラメータ編集」ウィンドウでは、最大で変化点を3つまでしか挿入できません。

対して人間の口の形は、大きく分けて「あ」「い」「う」「え」「お」の5点に加え

口を閉じで「ん」の6点必要です。

「う」と「お」を一緒にしてしまったとしても5点、変化点が3点では補えきれません!

なので、「口 変形」の項目で3点、「口 開閉」の項目で2点というふうに、

2つのパラメータが必要になるのです!


3:実践!口の変形!

では実際にどのように「あ」「い」「う」「え」「お」「ん」を表現するかお見せしましょう!



まず大きく口を開けて「あ」



口を真ん中のデフォルトから少し閉じで「い」

ちょっと強引でしょうか…?^^;



小さく口をあけて「う」



デフォルトの口で「え」



小さく口をあけて「お」

すみません!「う」と一緒にしてしまいました…!



最後に口を閉じて「ん」です!

これでアニメーションの時に、しゃべっているように口を変形させることができます!

そして今回「あ」の口と「ん」の口が揃ったことで、このイラストならではの動きが設定可能になりました。

それは…



顔を傾け、口を「あ」「ん」と動かすことによって

焼き芋を食べているような動きを実現することができます!!!!!



次回もさらに顔のパーツのパラメータ設定を行いたいと思います!!

まとめ

・「口 変形」と「口 開閉」の二つで、口の動きは自由自在!

・「口中」「口下」「口上」の変形は、まず「口中」から!

ここまでで何か質問やコメントなどございましたら是非書き込んでください!

私も皆様と一緖に成長していきたいと思います!



さーて!来週のテクノブログはー?

やじキチです。

最近、中学生の会社訪問のお問い合わせが増えました。

中学生からイラストを学びたい…。時代の流れを感じます。

次回、「やじキチ、まじキチ」「バラライカ、コーヒカップを割る」「紅ポテト、完徹」

の三本でお送りします!



次回もテクノブログにご期待くださいm(_ _)m

 

The following two tabs change content below.
やじキチ

やじキチ

どうも!(・∀・)やじキチです。 影が薄いのをカバーするためにチャラチャラしております。 常日頃から皆々様に笑顔でいて欲しいと思っております。 皆々様が笑顔で、世界が平和なら最高です! よろしくお願い申し上げます!

1 件のコメント

  • 砲介 より:

    「パラメータ編集」ウィンドウでバー部分をクリックする事で点は多数付けられますね
    点を付けた後、編集を使う事で0.1など細かい数値調整もできます

    発音表現は出来たようですが、感情変化はどうするのでしょうか?
    口の感情表現と、あいうえおの発音口形状が可能な、Live2D標準方式を拡張した感情表現方法があります

    口変形パラメータ、PARAM_MOUTH_FORM 範囲 -3~3 基本0
    口の形状変更(感情変化)に使用 7個点付け
     -3慌て -2困り -1怒り 0普段 1笑顔 2大笑顔(ワ) 3猫口

    口開閉パラメータ、PARAM_MOUTH_OPEN_Y 範囲 0~2 基本0
     2 強い口調での大きな口 縦開閉

    口幅広げパラメータを追加 PARAM_MOUTH_OPEN_X  範囲 -1~2 基本0
     0で狭めた状態(う、おの発音)  0.5普段  1.0広げた状態(い、あの発音) -1小口  2強い口調での大きな口

    口幅広げパラメータはデフォーマ、口変形と口開閉で形状作成
    特定の範囲で歯の表示をする

    https://us.v-cdn.net/5021544/uploads/editor/38/qvu4k4yjhmwb.jpg

コメントを残す

*