Unityで未来をつくる!オススメ作品編

投稿者: 


聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-リメイク&移植版、いよいよ配信開始ーーーーー!!!!!
ヒロインけなげすぎて、泣けるんですよ…チョコボ相変わらずかわいい…。
FF好きでよかった…。


ご挨拶が遅れました!
テクノアート社ブログをご覧のみなさま、はじめまして。
今月よりライターとして執筆する4pikoと申します。


領域は「テクノロジー×◎◎」。
◎◎に入るものはゲーム、アート、ファッション、お笑い、音楽などなどです。
好きなアニメは「カウボーイビバップ」、初音ミクネタには秒速で反応します。
このブログを通して、クリエイターさんを応援するコンテンツを提供していきたい…!
どうぞよろしくおねがいします♪



そういえば…昨日は戸松遥さんのお誕生日ということで、おめでとうございました!!
戸松さんの代表作といえば、「ソードアートオンライン」結城アスナ役。
この作品は、バーチャルリアリティ技術(以下、VR)が一般化する過渡期が舞台になっていますよね。早くこんな未来がこないものか、とワクワクしています(興奮)

 

未来の技術、VR。
現在、世界のクリエイターがより完璧なVR体験の実現にむけて取り組んでいます。
その中でも、多くのクリエイターが手段として選んでいるのが
ゲーム開発エンジン「Unity」です。

 

Unityとは?
どうして多くのクリエイターが使っているの?

 

Unityは3D、2Dを問わずマルチプラットフォームでゲームやインタラクティブコンテンツを制作する人のための最高の開発環境です。ハイエンドなコンテンツをビジネスにしたい人、熱心な開発者、多くの熱烈なプレイヤーの全ての人を繋げる、ひとつのエコシステムなのです。

(出典:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社公式サイト

 

公式マスコットキャラクターのUnityちゃん。超キュート。
http://unity-chan.com/

Hello_Unity-Chan

 

今回は、このUnityを利用して作られた作品をいくつかご紹介しましょう♪


 

Unityדシミュレーション”

『UnityCoaster2』

 

制作:iWORKs氏
制作者さまサイト

 

この作品は、今年製品版が発売されるヘッドマウントディスプレイ”OculusLift”用に作られた作品です。ご覧いただいてわかるように、ジェットコースターのシミュレーションです。 ヘッドマウントディスプレイを、頭部に装着し、体験します。

※参考画像

10882161_833759566687840_8181062109116326949_n

 

 作品内のVR映像は上下左右、自由に見ることができます。視覚からの情報で、ほんとうにジェットコースターに乗っているかのような浮遊感を感じます。初めて体験したときは衝撃的でした。 落ちる時、胃がヒィッっとせりあがるほどリアルなため、実際に体験した人の中には、絶叫をあげてしまう人もいましたよ。
※2016年2月4日現在、2015年12月にリリースされた
「UnityCoaster3-NatureCoaster-」が最新作です。

 

制作者さまTwitter
(フォローしておくと、最新作の体験イベント情報を掲載してくれるかもしれません!)


 

Unityדメディアアート”

『Vertexceed』

制作:坪倉輝明氏
制作者さまサイト

 

この作品の制作自体は、openFrameworksというソフトが利用されています。Unityが利用されているのは、壁にプロジェクションマッピングされている映像の質感部分です。
特に0:30~0:40あたりの水の質感!さわっても壁なのに、波紋のひろがる様は、そこに水があるかのように見えます。 Unityは、3DCG描画ソフトとしても利用できるので、このようにリアルな質感の映像をつくることができるのです。

 

制作者さまTwitter
この作品が体験できるイベントが、今週末から千葉県佐倉市で開催されるそうです。
気になる方は行ってみてはどうでしょうか。

『魔法の美術館』
会期:2016年2月6日(土)~3月27日(日)
詳細は、公式サイトへどうぞ。
千葉県佐倉市立美術館


 

Unityדゲーム”

 

言わずと知れた大ヒットRPGゲーム「白猫プロジェクト」も、Unityで作られています。

『白猫プロジェクト』

 

(出典:株式会社コロプラ公式サイト
2.5等身のあいくるしいキャラクターが縦横無尽に駆け回る世界。Unityで作られています。
しかもこの作品のすごいところは、先述の”OculusLift”対応バージョンがリリースされていること。360°、この世界を見回せるなんて、ドキドキしませんか?
VRバージョンダウンロードサイト

 

ゲーム自体の総ダウンロード数は、7900万ダウンロード。
Unityを使った作品でいちばん商業的に成功を収めている作品かもしれないですね…!


 

以上、Unityを利用して作られた3作品の紹介でした。

 

現在、Unityの全世界登録ユーザー数は450万人以上といわれています。
なぜそんなにたくさん人が利用しているのか。

 

それはマルチプラットフォームだから。
Playstation3もWiiUもiOS向けそれ以外向けも、ぜんぶUnityで作る事ができるのです。

 

そして、基本機能が入った「PersonalEdition」はなんと無料!
クリエイターたちにとって、創造性を刺激される、無限の可能性を秘めたツールが無料とあれば、使ってしまいたくなるのでしょうね。

 

そうです。「無料」なのです。
今日ご紹介したようなシュミレーションから、メディアアート、
そして広くあそばれるゲーム作品まで。
Unityで作る事ができるものは多岐にわたります。
ゲーム作り・バーチャルリアリティに興味のある、そこのあなた。
Unity、はじめてみるのはどうですか?

 

Unity社は、4月にクリエイター向け大規模カンファレンス開催予定とのこと。
興味を持った方は行ってみてはどうでしょう。初心者の方向けセッションもあるそうですよ!
Unite2016公式サイト

 

現在、テクノアート社では、Unityプログラマーを募集しています。
Unityをマスターして、いっしょに制作しませんか?

クリエイター募集ページ

The following two tabs change content below.
4piko

4piko

二足のわらじ系ライター4pikoです。クリエイターさんライフに役立つ情報を提供します◎ VRをはじめとするテクノロジー・メディアアート・二次元(主に声優)・自転車が守備範囲。あとごちそう。instaでごちそう歳時記をお送りしています。 ID:4piko

コメントを残す

*